日本でシアリスの発売元は日本新薬

サイト画像

何か?シアリスとは?


シアリスは2002年10月に誕生し、発売から世界100カ国以上の患者さんに愛用されています。2013年8月にはED治療薬、PDE5阻害剤としての世界中でのシェアが42%まで上昇し、世界市場の第一位になったことが発表されました。ここ日本では2005年9月に承認申請が行われ、2007年9月から販売が始まりました。 2009年7月から現在まで、日本の医療機関で処方されている純正のシアリスは、製造販売元が日本イーライリリー株式会社、発売元は日本新薬株式会社です。

どのED治療薬を利用するかは、利用者の状況や要望が大きく関わってきます。 しかし、ED(勃起不全)が影響して恋愛ができないという人には、シアリスは是非利用してもらいたいおススメの勃起改善薬ED治療薬と言えるでしょう。 シアリスは一般名をタダラフィルといい、新しいタイプのED治療薬です。 2007年7月31日に日本で5mg、10mg、20mgの3種類で製造販売承認を取得しました。薬値のない薬値基準未収載の薬と分類されますので、どこの医療機関を受診しても診察料から処方料まで全て保険適応外となります。シアリスの処方を受けるには保険証は必要がありません。

画像9

シアリスの主成分はタダラフィル

シアリスの中の有効成分は「タダラフィル」です。シアリスの主成分であるタダラフィルは白色の粉末で、水に溶けない性質があります。この成分が薬の中にどのくらい含まれているかで、錠剤の呼び名が、5mg、10mg、20mgと変わります。服用後の最高血中濃度に達する時間は30分から4時間ほどで、それぞれ人によって大きな個人差があります。 (参考までにバイアグラは30分から1時間半ほど、レビトラは42分から54分ほどです)

シアリスの構造

シアリスは経口のPDE5阻害剤で、今までのED治療薬バイアグラやレビトラと違って、服用後約36時間までの効果が認められています。体内に吸収させた後は食事の影響を受けることが少ないので、 患者さんのプレッシャーを軽減させるED治療の新しい選択肢として登場したお薬です。黄色で卵型をしていますが、中身は白い薬剤です。金曜日の夜に服用すると、日曜日の昼間までの長時間効果があるので「ウィークエンドピル」という愛称もあります。

送料無料で購入できるかはメリット

安心料金で本物のシアリスを購入、しかも送料無料のネットショップがあれば使ってみたいと思うのではないでしょうか?いくら個人輸入の通信販売の薬が市販の医薬品に比べて安いとはいえ、送料がかかってしまってはそのメリットも軽減されてしまいます。そして本物の安心できるシアリスを購入しようと思うと、送料が無料かどうかは大きなポイントになります。