ジェネリックの人気はED薬の中で最もある

サイト画像

インドのジェネリック医薬品


バイアグラ、レビトラ、シアリスといったED治療薬の中で最も人気があるののジェネリックは、ウイークエンドピルという愛称で親しまれているシアリスです。シアリスはED治療薬の世界シェアの42パーセントを獲得しており、現在までに世界100ヶ国以上で1,000万人の患者が利用してきています。 この流れに乗ってシアリスジェネリックも販売数を伸ばしています。タダラフィルという有効成分が作用することで、性的刺激を受ければ服用後最大36時間ED(勃起不全)症状を改善することができます。また、バイアグラやレビトラと比べて効果がマイルドに現れてきますので、副作用も比較的少ないというメリットもあります。

画像cia2

シアリスジェネリックの最大の特徴は、シアリスとほぼ同等の効果を期待できるにもかかわらず、費用がシアリスの10%程度に抑えることができるという点です。

ジェネリックとは

ジェネリック医薬品とは、後発医薬品と言う名前でも呼ばれる事がある薬で、新薬とも呼ばれる先発医薬品に対して、新薬と同じ成分を使って後から販売されるようになった製品を、この様に呼ぶのだと言います。 ジェネリック医薬品は、新薬の様な莫大な開発費用や研究時間の投資がされていない薬と言う事ですから、先発医薬品に比べて、価格が安く設定できると言う利点がある薬となっています。 では、先発医薬品と後発医薬品があって、後発医薬品の方が価格が安いのなら、消費者はわざわざ価格の高い先発医薬品を買わないのではないかと、心配になります。ところがさすがにそこら辺のところはうまくできていて、 先発医薬品には、ある一定の特許期間が認められており、その期間内は、独占してその薬を販売する、いわゆる独占販売が許されているのだということなのです。つまり、特許期間の間は、ジェネリックの販売ができない仕組みになっていると言うわけなのです。インドのジェネリック医薬品が有名です。