-ED薬薬局はない-

日本においてED治療薬を購入する方法としては、医療機関で医師の診断を受けたあと処方箋をもらい調剤薬局で受け取るというルートが1番メジャーなものです。

しかし勃起不全という症状は男性にとってとてもデリケートな問題ですから、医師の診断は「チョッと・・・」という人も多いのではないでしょうか?

例えばタダラフィルは基本的には医師の処方箋なしでは購入できない薬とされているので、近くの薬局に行って手軽に手に入れることはできません。

しかし、今では海外のシアリスを購入することが認められているので、実際は医師の処方箋なしで手に入れることも可能になっています。

「何で?」と思われる人も多いかと思いますので、このあたりの事情をわかりやすく説明していきながら、ED薬の上手な入手方法について紹介していくことにしましょう。

薬の種類 

現在は色々な薬が販売されていますが、一般的な薬の入手ルートとしては、ドラッグストアなど近隣にある一般薬局と、病院指定の調剤薬局の2つが挙げられます。

なぜこの2つの薬局が設置されているかというと、それはそこで支給される薬の性質の違いがあるからです。

一般薬局で支給される薬は市販薬とかOTC医薬品と呼ばれていますが、正式名称は一般医薬品といいます。

これら一般医薬品の利用者は病気の症状やその人の体質、年齢などが様々なために、安全性が重視され、効き目が抑え目になっていることが特徴です。

風邪をひいいたら病院に行かず一般薬局の風邪薬で済ますという人も多いかと思いますが、使う人によって症状や条件が違ってくるために、その人にあった効き目の強いものを購入できないというデメリットがあります。

それに対して調剤薬局で支給される薬(例:レビトラ)は医療用医薬品と呼ばれます。

ED治療薬など医療用医薬品は患者が医師の診断を受けた上で、その症状に合った薬の処方箋が医師から出され、それに基づいて薬剤師が個人用として調剤します。

医師が診断した上での処方薬なので、一般医薬品よりも効果の高いものが多いのが大きなメリットですが、その反面、副作用に注意が必要になるというデメリットがあります。

ですから一般医薬品と違い、薬を受け取る際には薬剤師からの薬の正しい使用法の説明があり、副作用が起きないよう配慮がなされています。

バイアグラやタダラフィルなどはこの医療用医薬品に当たるために、日本においては一般薬局で購入することができないといういわけです。