勃起改善薬としてシアリスを使用している男性は多いかと思います。

「ウィークエンドピル」と呼ばれるほどの長い持続時間が可能なことを考えれば、人気が高いのも頷けます。しかし、その反面値段が高いのがネックで、コストを気にせずに毎日使えるという男性はほとんどいないでしょう。

「毎日なんて必要ない」という男性も多かと思いますが、近年は若年層にも勃起不全者が少なくないので「毎日使いたい!」という男性も同じように多いことが予測されます。

そんな男性の大きな味方になるのがシアリスのジェネリックです。最近はテレビCMなどでもジェネリック医薬品という言葉が使われているので、ジェネリックに詳しい人も少なくないことでしょう。

ジェネリックは先発医薬品の特許が切れたあとに販売される後発医薬品のことで、安価で同じ効果を得ることができる大きなメリットがあります。ですから安価でシアリス効果を得たいのならば、ジェネリックの使用がおススメというわけです。

シアリスの有効成分であるタダラフィルです。タダラフィルは、バイアグラやレビトラの欠点を補う医薬品と言われています。


タダラフィルの勃起効果

シアリスのジェネリックならタダラフィルがおススメ

タダラフィルは本当に勃起効果がある?

ed治療薬シアリスの有効成分であるタダラフィルは、実際のところどれほど勃起効果があるのでしょうか?タダラフィルは医薬品成分として厚生労働省から認可されているので、勃起の効果は期待することができます。ただ食事やアルコールの影響、個人差などにより効果の現れ方に差が出ることもありますので、自分にあったg量などを選ぶということも大切になってきます。タダラフィルは5mg、10mg、20mgと3種類の規格があるので、それぞれ試してみてどれを使うか決めると良いでしょう。


食事の影響を受けないタダラフィルの服用方法

食事の影響を受けないタダラフィルの服用方法

バイアグラは特にアルコール、食事との併用は控えるように勧められており、効果を得るためには空腹時に服用する必要がありました。レビトラは、食事の影響を受けるバイアグラの欠点をカバーしたed治療薬ですが、副作用は比較的強く出るという欠点があります。こうした食事の影響と副作用に関する欠点をシアリスは解決しています。


タダラフィルの副作用の影響

恋人とのデートには食事が欠かせないものですが、食事をしたらHができなくなってしまうというのがバイアグラの問題点でした。また、Hをすると頭痛や消化不良などの副作用が出てHに集中できなくなってしまうというのがレビトラの問題点でした。シアリスは食事の影響を受けずに、また副作用の症状も軽いということで現在欧米を中心に人気が出てきています。


タダラフィルを通販でのを手に

タダラフィルを通販でのを手に

タダラフィルは個人輸入業者から購入することができ、購入方法としてはネット販売の利用が一般的です。しかし個人輸入業者の中には悪質な業者もいるので注意が必要です。

必ず信頼の置ける業者からタダラフィルを購入することを心がけましょう。全てが悪質業者というわけではありませんから、まずは安心できる通販業者選びから始めてください。


ジェネリック薬とは?

ジェネリック薬とは

現在のシアリスの有効成分であるタダラフィルには、正式なジェネリックというものはありません。なぜなら、まだタダラフィルの医薬品成分としての有効期間が満了していないからです。

しかし、ネット上にはシアリスのジェネリック医薬品としてed治療薬が売ってある場合さえあります。これはどういうことなのでしょうか?日本国内では当然のことながら、医薬品成分の特許が切れていないものはジェネリックを製造して販売することはできません。現在厚生労働省で認可されているed治療薬の中ではジェネリック製造が可能なのはバイアグラだけです。

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルの特許が切れたため、ジェネリック医薬品の製造が合法的に可能になっています。シアリスの有効成分タダラフィルはまだ特許が切れていないため、国際ルールで行くとシアリスのジェネリックは作れないはずです。しかしインドなど一部の国は医薬品の特許というものを認めていないので自由に作ることができます。ではシアリスのインド産のジェネリックは安心して利用できるのでしょうか?

正直なところ、インド産のジェネリックは製造過程・流通過程に問題があり、大部分の製品の基準が低いと言われています。ですから、購入の際はどこが発送元かを考えておくと良いでしょう。それが、アメリカだった場合は、インドで製造されているジェネリックだとしてもかなり信頼を置くことができます。こうしたポイントを抑えておくと、安心できるed治療薬を手に入れることができるでしょう。

タダラフィルは安心できるED治療のジェネリック薬です。